ニートはまず派遣会社に登録して仕事をしようの詳細

> ニートはまず派遣会社に登録して仕事をしよう

ニートはまず派遣会社に登録して仕事をしよう

ニートという言葉が定着して久しいですが、いまだニートと呼ばれる人はたくさんいるようです。
厚生労働省が2011年に行った調査によると、15〜34歳のうち実に10.1%がニートと呼ばれる人であると推計されることがわかりました。

しかも長期間ニートの状態が続くと、なかなか社会復帰するのが難しくなります。このため、ニートの高齢化も徐々に問題になっています。

若い頃挫折してそのままニートになって、気が付くと40代になっていたというケースです。

彼らは両親に依存しているケースが多いのですが、その両親も高齢化しているため、今後どうするかという問題が出てきています。

もし今ニートなのであれば、とりあえず単発バイトや日雇いバイトなど、長期の仕事でなくても良いので仕事を探したり、正社員でなくとも派遣会社に登録をして、仕事をする準備だけでもしておくべきです。

しかしいきなりニートがフルタイムの仕事をするのは難しいでしょう。雇う方も今まで長いこと仕事をしてこなかった人をいきなり正社員として採用するのはリスキーです。

そこでまずは単発バイトや短期のバイトからチャレンジしてみませんか?派遣会社の中でも大手になると、単発の案件も数多く取り扱っています。

中には1日だけバイトに入るような求人もあります。もし自分には向いていないと思っても、1日だけであればなんとか我慢できるはずです。

引越しスタッフやイベントの設営、建設現場のバイトなど単発の案件は日本全国どこでもあります。

なにも本格的な就職活動をして正社員にならなくても、まずは単発のバイトを何度かチャレンジをして、仕事をしてお金を稼ぐ習慣をつけることがまず何よりも大事です。

単発のバイトに何度も入れるようになった、仕事に行くこと自体にあまり抵抗がなくなったところで、長期の仕事にチャレンジしてみましょう。

中には週3〜4日くらいからシフトに入れるような仕事もありますから、無理のない範囲でできる仕事を選び、少しずつ仕事に対する経験を増やしていくようにしてください。

ニートの方の中には、いわゆるひきこもりでずっと他人とコミュニケーションをとってこなかったという人も多いです。
そうするといきなり接客業にチャレンジするのは無理があるでしょう。

でも仕事をする以上、どうしても他人とのかかわりは避けられません。そこでおすすめしたいのは、深夜のコンビニの仕事です。
深夜であれば、それほど多くのお客さんがやってくることも少ないです。

それほど混雑する事もないでしょうから、マイペースに仕事ができるので職歴に空白期間のあるニートにはうってつけでしょう。

そしてレギュラーで仕事をすることに慣れていき、社会に溶け込めるように努力することが、ニートの状態から脱却するために必要です。

今は1つ1つ会社側に出向き、面接をする必要もありませんし、バイト募集サイトやバイト情報サイトを使って多くの情報量を得ることも可能です。

単発アルバイトの案件をまずは検索してみて、情報収集を行ってみて下さい。


運営者情報
さち画像
名前 さち
自己紹介 派遣事務員として3年以上働いた経験から学んだ人材派遣会社にお役立ち情報をいろいろとご紹介しています。