語学に自信のある人におすすめの貿易事務の派遣の詳細

> 語学に自信のある人におすすめの貿易事務の派遣

語学に自信のある人におすすめの貿易事務の派遣

海外に在住していたことがある、語学が得意という人は自分の語学スキルを仕事に反映させたいと思っている人もいることでしょう。その場合には派遣の案件の中でも、貿易事務がおすすめです。

今やグローバル社会で輸出入はどの業界でも不可欠なものになりつつあります。輸出入をする時には税関など、必要な書類を作成する必要があります。その他にも海外の取引先の企業に受発注を行う必要もあります。このような世界を相手にした事務作業を担当するのが、貿易事務です。

輸出入に必要な書類の中には、もちろん英文の書類も含まれます。その他に海外の取引先とやり取りする際には英文のメール並びに電話で英会話をする必要があります。

そこである程度のレベルの英会話力が求められます。英語のスキルを判定する試験に、TOEICがあるのをご存知でしょうか?このTOEICのスコアで、600点以上ある人向けの仕事になります。TOEICを受験したことのない人は、貿易事務の派遣をする前にスコアを取得しておくことがおすすめです。

書類作成も貿易事務の主要業務の一つです。そこでパソコンスキルもある程度要求されるでしょう。基本的な操作は少なくてもできるようにしておきたいところです。

自信のない人は、大手派遣会社に登録すればOA研修を実施しているところが多いです。こちらの研修を受けて、スキルアップを目指しましょう。

また貿易実務検定と呼ばれる関連資格があり、試験では通関や船積、外国為替といった貿易にかかわる問題が出題されます。この資格を取得しておくと、貿易事務に関する専門知識やスキルを持っていることのアピールになります。

貿易事務の採用傾向を見てみると、経験者が優遇されるようです。では未経験者が貿易事務の仕事をするにはどうすればよいかですが、輸入業務にターゲットを絞ってみると良いでしょう。

派遣会社に登録して輸入業務を希望すれば、未経験者でも比較的早期に仕事の紹介が受けられるかもしれません。輸入業務でまずは経験を積み重ね、徐々に輸出業務にもチャレンジしていくと、できる仕事の幅も広がっていくはずです。

派遣会社で貿易事務に関するスキルアップサポートサービスがあれば、どんどん活用することです。

英会話講座を用意している派遣会社もありますし、先に紹介したTOEICを受験するにあたって団体受験扱いになり、個人で受けるよりも低価格で試験を受けることも可能です。英語だけでなく、最近では中国語のできる人の需要も高まっています。


運営者情報
さち画像
名前 さち
自己紹介 派遣事務員として3年以上働いた経験から学んだ人材派遣会社にお役立ち情報をいろいろとご紹介しています。