新卒派遣のための会社の選び方講座の詳細

> 新卒派遣のための会社の選び方講座

新卒派遣のための会社の選び方講座

新卒派遣という形式も最近では増えてきているようです。新卒派遣になる人は、大きく3タイプに分類できます。まずは大手でどうしても仕事のしたい人です。

大手企業の事務員を見てみると、その大半は派遣社員と言われています。

もし有名な企業で仕事をしてみたいと思っているのなら、正規のルートで就職試験を受けるよりも派遣会社に登録して、そこからその企業で仕事ができるように、仕事の紹介を受けた方が良いわけです。

取っ掛かりさえつかめれば、そこでしっかりと実績を残すと場合によっては正社員として採用される道も開けます。

またキャリアアップを希望する人で、新卒派遣を希望する人が多いです。実は新卒で就職しても、3人に1人は3年以内に離職してしまうというデータがあります。

その理由を見てみると「仕事を好きに慣れなかった」というケースが多いです。

新卒派遣であれば、いろいろな派遣先で仕事ができるため、どのような仕事が自分に向いているか、身を持って知ることができます。

最後に大学4年生で就職先がなかなか決まらない人も、新卒派遣になるケースが多いです。

派遣には紹介予定派遣と言って、まずは派遣扱いで仕事をして、双方ともその職場で仕事を続けることに異論がなければ、その後正社員としてその派遣先企業に就職できるものです。

これなら仕事内容や職場の雰囲気を理解した上で就職できるため、すぐに離職するような事態も回避できます。
このように新卒で派遣社員として仕事をするパターンは、決して珍しいことではないわけです。

新卒派遣は、おそらくこれが初めての登録になることが多いでしょう。そう考えると、大手の派遣会社に登録するのがおすすめです。
大手の方がやはり社会保険や有給の保障、教育を兼ねた研修プログラムなどが整備されているからです。

もし派遣先で仕事をしているときに何かしらの災害に巻き込まれてけがをした場合、労災保険の対象になる可能性が高いですしメリットも高いです。
小規模の派遣会社の場合、社会保険制度が完備されておらず、十分な保障を受け取れないケースも想定できます。

スタッフサービスは若年層向けの就業育成支援に力を入れている派遣会社として人気が高いです。
会社に依存することなく仕事でつかえるキャリアの育成を目指していて、ビジネススキルやOAスキルを向上させる研修を無料で受講できます。

ランスタッドは、コーディネーターが2名ついてくれ、多角的にアドバイスしてくれる所が魅力です。
派遣から正社員になるための方法などもいろいろと提案してくれるため、心強いですからおすすめです。

自分の働きたい条件と、それぞれの派遣会社に登録するメリットを考えた上で、どこにするか考えて応募して下さい。



運営者情報
さち画像
名前 さち
自己紹介 派遣事務員として3年以上働いた経験から学んだ人材派遣会社にお役立ち情報をいろいろとご紹介しています。