派遣登録時の履歴書の書き方の詳細

> 派遣登録時の履歴書の書き方

派遣登録時の履歴書の書き方

就職活動で自分自身をアピールするために欠かせない履歴書。同じ履歴書でも、企業に直接提出するものと派遣会社に提出するものは別で、内容が多少異なるため悩みますよね。

そこで今回は、これから派遣社員に登録しようと思っている人向けに、企業向けと派遣会社向けの履歴書の違いや、派遣会社へ提出する履歴書の書き方・注意点についてご説明したいと思います。

派遣会社に提出する履歴書の書き方

派遣会社に提出する履歴書の内容は、基本的に企業へ提出するものと変わりありません。

まず、履歴書には日付を記入する欄があります。登録会で履歴書を提出する場合はその提出日を、履歴書を郵送する場合は記入日を書きましょう。印鑑欄は忘れずに押印してください。

次に、志望動機の欄についてですが、悩む人が多いようです。正社員の場合は志望する企業に関してのことを書きますよね。しかし派遣の場合は、登録する時点でどのような企業に派遣されるか分からないため、具体的な志望動機が書けないからです。

そのため、実際に派遣社員として働いている人の中には、志望動機は空欄で提出したという人も多いようです。しかし、派遣会社が重視しているのは今までの経験やスキルなどの自己PRで、志望動機に関してあまり頭を悩ませる必要はないでしょう。

志望動機の例として、「大手の(紹介数の多い/専門職に特化した/幅広い職種を扱う)御社なら、自分に合った仕事を見つけられると思い登録しました」といった当たり障りのないもので問題ありません。希望職種がある場合は、その職種を選ぶ理由について書いてもいいでしょう。

もう1点、派遣会社と一般の企業に提出する履歴書で異なる点は、職歴を書く部分です。転職経験の多い方や、以前も派遣会社で登録するなど正社員ではない雇用形態から転職する場合に、勤務経験が多いために職歴が長くなってしまう可能性があります。

派遣会社の契約社員の場合、契約期間があるため、職歴が複数あることや、派遣登録をしている会社名と派遣先の企業名の両方を記載することが理由です。そのため、どこまで書いたらいいのか、またどのように書いたらいいのか悩んでいる人が多いようです。

次の章では、派遣期間の具体的な書き方についてご紹介します。

派遣で働いた期間の履歴書の書き方

正社員の場合は「入社→退職」と言い、退職理由は「会社都合」、自己都合の場合は「一身上の都合」と記載しますよね。しかし、派遣会社にいた期間を書く際は、「登録→登録終了」と記載し、派遣先の企業へは、「派遣/出向」、「期間満了/期間終了」と記載するのがポイントです。

以下は、派遣期間の具体的な職歴記入例です。オレンジの部分は登録している派遣会社に関して、青の部分は派遣先の企業に関しての記載になります。企業名は省略せずに正式名称で記入しましょう。いくつかの事例について見本を挙げておきますので、参考にしてくださいね。

1.派遣会社が1つで派遣先企業が2〜3社の場合

平成○年○月 A会社へ派遣社員として登録
平成○年○月 B株式会社へ派遣 営業部 営業事務
平成○年○月 派遣期間満了
平成○年○月 C株式会社へ派遣 営業部 一般事務
平成○年○月 派遣期間満了
平成○年○月 A会社との派遣登録終了

2.派遣会社が1つで派遣先企業が多い場合

平成○年○月 A会社へ派遣社員として登録
平成○年○月 B株式会社 営業部 営業事務(平成○年○月○日まで)
平成○年○月 C株式会社 営業部 一般事務(平成○年○月○日まで)
平成○年○月 D株式会社 人事部 一般事務(平成○年○月○日まで)
平成○年○月 E株式会社 経理部 経理事務(平成○年○月○日まで)
平成○年○月 A会社との派遣登録終了

それぞれの企業の「派遣期間満了」の記載を省略したことで、見やすくなります。

3.短期・長期の派遣期間がある場合

平成○年○月 A会社へ派遣社員として登録
平成○年○月 B株式会社 営業部 営業事務(平成○年○月○日まで)
平成○年○月 C株式会社 営業部 一般事務(平成○年○月○日まで)
他、短期間の就業内容は「職務経歴書」に記載しております。
平成○年○月 A会社との派遣登録終了

経験社数が多い場合は、長期で働いた企業だけを履歴書へ記載し、短期も合わせた全ての職歴は、「職務経歴書」に記載する方法です。

会社ごとに業種や担当業務なども詳しく書きたくなるかもしれませんが、履歴書の経歴記入欄にダラダラと書かれていては読みにくいだけでなく、文章をまとめる能力がないことを疑われる恐れもあります。

とはいえ、スッキリしすぎて情報が足りない場合も面接時に企業側へアピールすることができません。必要なことだけを簡潔に記載して、細かい部分は職務経歴書にまとめるというのも一つの手です。

このとき、以前の勤務先について会社名だけではなく部署名や業務内容、自分の持っているスキルや、経験職種なども職務経歴書に書くといいでしょう。

派遣登録時に履歴書不要なケースとは

近年は、履歴書不要という派遣会社も多くありますが、「用意する手間が省けてラッキー」という方もいれば、「履歴書がいらないなんてなんだか怪しい」と思う方もいるでしょう。ではなぜ、履歴書を必要としない派遣会社が増えているのでしょうか。その理由はズバリ、派遣会社が専用の登録シートを用意しているからです。

派遣社員になるためには、派遣会社が主催する派遣登録会に参加する必要があります。そしてその際に、この登録シート(エントリーシート)を渡されて、住所・氏名・学歴・職歴など履歴書と同等の内容を記入するのです。

この登録会では派遣会社からの説明や書類の記入をしたりする他に、面談で募集中の求人情報の中から派遣先を紹介されたりもします。できればスムーズにエントリーシートを記入したいですよね。履歴書ではなくエントリーシートにすることで、派遣会社には以下のようなメリットがあります。

1.用紙サイズが統一される

現在、市販されている履歴書にはB5サイズとA4サイズがあります。また、履歴書だけでなく職務経歴書の提出もあるため、サイズがバラバラで派遣会社の方でファイリングしにくいのです。その点専用のエントリーシートに記入してもらえば、用紙のサイズが統一できるため、管理しやすくなります。

2.フォーマットが統一される

市販されている履歴書やサイトなどからダウンロードできる履歴書には、様々な様式のものがあります。そのため、知りたい情報が記載されていなかったり、逆に不必要な情報が記載してあったりして、読みづらく管理しにくいという問題があります。

一方、エントリーシートであれば、派遣会社が本当に必要な項目だけを記入してもらうことができるため、応募者の情報を管理しやすくなります。

ただしエントリーシートには、住所・電話番号などの基本情報のほか、学歴や職歴などを記入する場合も多いです。その場で思い出しながら書くのは大変なので、履歴書や職務経歴書に記載するのと同様の内容をメモし持参した方が、スムーズに記入できるでしょう。

派遣登録でも送付状は必要なのか?

派遣会社へ履歴書や職務経歴書を郵送する際にも「送付状」は必要です。送付状とは、書類を送る際に、郵送書類の概要が一目で分かるよう、簡単なあいさつ文と共に記載して添付するものです。

「企業に履歴書を送る際は入れるけど、派遣登録なら入れなくてもいいんじゃない?」というのは間違いです。封筒に書類だけを入れて送ることは社会人としてはマナー違反であり、送付状が必要ないのは直接持参する場合のみです。簡単な文面で大丈夫なので、必ず同封しましょう。

送付状には、概ね以下の内容を記載します。

■宛名 株式会社○○ 人事部 採用担当○○様
(担当者の名前が分からない場合は 株式会社○○ 採用担当者様)
■送付日 平成○年○月○日
■自分の署名 名前・住所・電話番号(携帯電話番号も可)
■時候の挨拶(例文:拝啓 貴社におかれましてはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。このたびは……応募書類を下記のとおり提出致しますので……敬具)
■同封する書類を箇条書きにして記載(例:履歴書1枚 職務経歴書全2枚)

また、書類は畳まなくても入れられる「角2」というサイズの封筒を用意しましょう。その際、書類をクリアファイルに挟めばシワがつかず、雨などで濡れるのを防ぐことができておすすめです。

クリアファイルはイラストや企業名などが入っていない無地で新品のものを使用しましょう。100円ショップでも購入できますので、封筒とともに何枚か用意しておくと便利です。

ちょっとした気遣いで派遣会社の担当者の印象が良くなり、他の応募者と差をつけることができます。今後、こういったマナーは仕事をしていく上でも役立ちますので覚えておきましょう。

派遣とアルバイトで履歴書に違いはあるか?

派遣会社に登録する際、職歴欄には今までの正社員や派遣社員としての経験は、全て書かなければなりませんが、パートやアルバイト経験の記載は必要ありません。

ただし、高校・大学などを卒業後、就職をせず職歴欄に記載する社会経験が何もない場合で、かつアルバイトの仕事内容が今後やりたい仕事と結びつく場合は、記載しても構いません。

一方、アルバイト先へ提出する履歴書には、経験したことのあるアルバイト歴を記入します。また、なぜそのアルバイト先で働きたいたいかという志望動機もしっかり書きましょう。

履歴書に添付する写真については、派遣会社の場合は通常の就職活動と同じようにスーツが望ましいですが、アルバイトの場合は派手なアクセサリーや露出の高いものでなければ基本的に普段着でも構いません。

履歴書は手書きとパソコン作成はどっちがいい?

履歴書を作成する際、パソコンが良いのか手書きが良いのかという質問がよくされますが、「エン派遣」が実施した*派遣会社100社に聞いたアンケートによると、以下のような結果が出ています。

Q.履歴書や職務経歴は、どのような体裁のものが好ましいですか?

74%の派遣会社は、特に体裁にはこだわらないようですね。その理由としては、最近は自分の形式で書類を準備している人が多いこと、体裁よりも見やすさを重視していることなどがあげられます。

ただし、署名の部分が手書きされていると、キチンとしている印象を受けるという意見や、手書きの場合、筆跡や丁寧さから人となりが垣間見られるといった意見もあります。逆に、パソコンの場合、基本的なOAスキルを判断する要素になるようです。

また、派遣登録の際には手書きの登録シートを記入するため、履歴書はパソコンで作成しても問題ないといった意見も見られます。

総合的に見て、“履歴書は手書きであるべき”といった派遣会社は少ないものの、署名部分や登録シートなどから筆跡や字の丁寧さをある程度判断したいという考えはあるようです。ですから、履歴書は手書きにし、職務経歴書はパソコンで分かりやすくまとめるといった方法をとるのも良いかもしれません。

まとめ

志望動機・職務経歴など、派遣会社へ提出する履歴書の書き方は、直接企業へ提出する履歴書とは異なる部分があります。

しかし、基本となる部分は正社員も派遣も変わらず、派遣登録だからと言って適当に書いてしまえば、社会人としての資質が疑われてしまいます。

また、離職期間が長いからと嘘を書いたり、職務経歴が多く面倒だからといって記載しない部分があったりは、あとから経歴詐称となる恐れもあります。

派遣会社の担当者は人を見るプロです。経歴やスキル・資格だけでなく履歴書の文面や読みやすさなどからも、志望者であるあなたが自信をもって志望先に紹介できる人物かどうかを判断しています。

丁寧に・簡潔に・読みやすい履歴書を作成するように心がけましょう。


運営者情報
さち画像
名前 さち
自己紹介 派遣事務員として3年以上働いた経験から学んだ人材派遣会社にお役立ち情報をいろいろとご紹介しています。