人材派遣会社へ提出する職務経歴書の書き方の詳細

> 人材派遣会社へ提出する職務経歴書の書き方

人材派遣会社へ提出する職務経歴書の書き方

就職活動をした方ならほとんどの方が「履歴書」を書いたことがあると思います。今回調査をするのは就職活動で欠かせない「履歴書」ではなく、「職務経歴書」です。

この「職務経歴書」については、詳しく知らないという方も多いはず。履歴書との違いや、書き方、ケースごとのポイントなど疑問点をまとめてみました。

職務経歴書とは?

まずは履歴書との違いを見ながら、職務経歴書についてみていきましょう。

記載内容やチェックされるポイント

履歴書 職務経歴書
記載内容 ・住所・氏名・生年月日などの個人情報
・学歴
・職歴
・志望動機
・自己PR
・資格
・職歴
・勤務先情報
・応募動機
・自己PR
・資格など
チェックポイント ・文字や言葉の丁寧さ、正確さ
・短期間での転職が多いなど不安点がないか
・学歴や職歴から今回の応募へのつながりがあるかどうか、またその理由
・即戦力となるための能力があるか
・説得力のある資料になっているか
・転職への意欲を具体的に感じられるか
・自分のアピールポイントをわかりやすく伝えられているか
・事実に基づく記載内容かどうか
サイズ B5サイズ(B4二つ折り) A4サイズ

履歴書は個人情報を基本とし、勤務に際して通勤や勤務体系に無理がないか、支障がないかを確認した上で、その応募動機や自己PRを見ていくことを目的としています。職歴欄もありますが、職務内容など詳しいことまでは書きません。

一方で、職務経歴書は、自分を企業に売り込むためのプレゼン資料となる書類です。どのような業界・職種に経験があるかなどの記載内容そのものはもちろんのこと、表現の仕方、伝え方・プレゼン力など、総合的にチェックされています。

この資料を見て、資格や学歴といった表面的な部分だけではなく、即戦力となれる実務能力の有無を会社側が判断するのが職務経歴書です。そのため、応募する職種が異なる場合には、応募企業ごとに応じて職務経歴書を作成する必要があります。

特に決まった用紙や形式があるわけではないので、応募者の思うように作ることが出来るという点が職務経歴書の特徴です。そのため、見る側にとって視覚的にわかりやすくする必要があります。

また、その一方で即戦力として自分がどのくらい実践力があるのかを、具体的に、かつ正確に記載しなければいけません。書き方一つで企業の印象が大きく変わるので、しっかり自己分析し、ポイントをしっかり押さえて作成したいですね。

派遣会社に提出する職務経歴書の書き方

派遣社員で働いた経験がある方は、雇用形態が特殊で勤務先も複数であることから、職務経歴書の書き方に悩みますよね。

派遣会社に提出する職務経歴書の場合、紹介先がある程度決まっているかどうかで、若干記載内容を変える必要がありますが、基本の書き方は企業に提出するものと同じだと思って大丈夫です。

職務経歴書に記載すべき基本の項目を以下に挙げます。

1)「職務経歴書」というタイトル
2)日付、氏名
3)経歴概略(職務要約)
4)職務経歴(会社名や在籍年月)
※すべての経歴を記載する・企業名は正式名称で書く(例)×梶@→ 〇株式会社
5)勤務先の企業情報
6)職務内容 
※短期のものについては項目の最後にまとめて書くことも可能
7)所属部署・役職
8)実績
9)保有資格・語学力・特殊な仕事の経験など 
※希望部署がある場合、その分野に関連した内容を詳しく記載すると良い
10)志望動機
11)自己PR
12)使用可能ツール
※特にパソコンや専門機器、マシンを使う職種の場合、専門知識のアピール方法として有効なため具体的なマシンやソフト、ツールなどの名前を記載する
13)論文、発表など特別なアピール
14)ページが複数にわたる場合、ページ番号

応募職種がある程度固まっている場合は、特にその職種で活かせるスキルや業務経験を具体的に記載しましょう。

逆にどのような職種に派遣されるか未定の場合、自分の希望職種についての経験・スキルを強調して記載しても良いですし、職種を絞らず幅広く派遣先を探してもらいたい場合は、幅広く受け入れられるスキルをできるだけ多く、詳しく記載すると良いでしょう。

退職理由は無理に書く必要はありません。例え職場環境が悪かったことが退職の原因だとしても、自己都合で退職する場合は、ネガティブな印象を与えかねないからです。ただし、スキルアップのため、など好印象を与えるような理由の場合は、記入してもいいでしょう。

3種類の記入方法

職務経歴書の記載方法には大きく分けて以下の3つの種類があります。どの形式を使うかは自由ですが、自分のアピールしたいことや、職歴に合わせて使い分けることで、内容に差をつけることも可能です。

例えばキャリア形式は、業務ごとに経験年数を通算して記入することができます。派遣社員から正社員へ転職活動をする場合は、自分自身の就業経験をよりアピールすることができます。また、編年体形式は最も無難とされています。派遣会社に提出する場合にはこの方法を選んでも良いでしょう。

編年体形式 逆編年体形式 キャリア形式
記載方法 職歴や業務内容を古いものから順に時系列に沿って記載する方法 職歴や業務内容を新しいものから古いものへ遡って記載する方法 時系列にこだわらず、仕事内容や経験ごとに記載する方法
メリット 希望する職種や業種についての理解や習熟度を効果的に表現できる 応募先の企業へ直近の職歴をアピールできる 能力ごとの経歴が一目でわかる
分かりやすくまとめることで、プレゼン能力の評価にもつながる
おすすめの人 転職経験の少ない方、一つの会社に長く務めた方 直近の経験を活かして即戦力となれる方 専門性の高い職種の方や、転職歴の多い方、ステップアップしたい方
注意点 勤務期間の短さや頻繁な転職、空白期間などが目につきやすい 逆時系列なので、見る人によっては見にくいと判断される まとめるのが難しいため、見にくいと評価されることも少なくない

職務経歴書の書き方でよくあるミスや注意点

例文のまま記載

インターネットで調べれば職種別に職務経歴書のサンプルやフォーマットが見つかり、ダウンロードすることができるでしょう。しかし、職務経歴書をあまり書いた経験がない方は、その例文と同じように職務経歴書を作り、そのまま提出してしまうことが多々あります。

採用担当者は日々多くの職務経歴書を見ているので、例文の丸写しは一目でわかります。参考になる例文を使うことはもちろん良いのですが、必ずカスタマイズして自分らしさ、見やすさをアピールしましょう。

事実と異なる内容を書く

転職回数の多い方や、業務スキルの少ない方に多いミスです。転職回数の多さを気にして、少なめに書いたり、保有資格や検定の等級を実際より少し上げて記載したりする方がいます。すべての項目は事実に基づいて記載し、それについて質問があれば誠実に答えることが大切です。

あまりにも短い・あまりにも長い・文章の羅列など

通常職務経歴書はA4用紙1〜3枚程度とされることがほとんどです。A4の紙に半分程度を手書きで記載、といった例や、あまりにも事細かに文章を羅列したために5〜6枚にもわたる職務経歴書になってしまった、ということは避けたいものです。

文章が長く続くと、わかりにくいと感じられることもあるので、段落をうまく区切る、表を使うなど工夫が大切です。見る側にとって、読んでみたいという気持ちになれるような、見やすい書類作成を心がけましょう。

派遣とアルバイトで職務経歴書に違いはあるか?

通常アルバイトの募集で職務経歴書が必要となることはあまりありません。履歴書に記載しきれないアピールポイントがある場合や、専門職などの場合は職務経歴書を付けることも可能ですが、企業側から言われない限りはまず必要ないでしょう。

逆に、職務経歴書に派遣社員歴やアルバイト歴を記載するかどうかについては、「派遣社員の経歴は原則記載する」「アルバイトの経歴は直接応募動機やスキルにつながらないようであれば記載しなくてもよい」という風潮です。新卒の場合など前職がなく、それ以外に書くことがない場合はアルバイト経験について記載しても良いですし、「職歴なし」と書いても問題ありません。

派遣登録時に職務経歴書が不要なケースとは?

ほとんどの派遣会社が、登録時にエントリーシート等の記入をすることになります。派遣会社によって内容は異なりますが、大まかな内容は履歴書と職務経歴書を併せたような形式になっています。

そのため、職務経歴書を登録説明会での面接時に提出する派遣会社もありますが、再度同じような書類を記入する負担を軽減するために、最近では職務経歴書不要としているところも多くあります。

不要とされていても、同じような内容を記入することにはなりますので、ある程度内容を考えて登録に行くと安心でしょう。

また、履歴書と職務経歴書を派遣会社へ郵送する場合は、送付状を添えて送るようにしましょう。あなた自身のイメージとして、ビジネスマナーがあり丁寧であるといった印象を与えることができるでしょう。

職務経歴書は手書きとパソコン作成どっちがいい?

作成方法に明確な決まりはありませんが、パソコンで作成することが主流になっています。派遣社員の場合は、パソコンスキルを必要とされることも多く、この職務経歴書を見やすくきれいに作成することはパソコンスキルのアピールにもつながります。難しいからと安易に手書きせず、出来るならばパソコン作成に挑戦してみましょう。

この調査内容の総括

今回は職務経歴書についてまとめてみました。転職の場合必要とされることが多いのですが、場合によっては派遣会社の登録時にも必要とされています。

職務経歴書はただ単に自分の職歴などを記載しておけばよいというものではなく、その作成方法や、内容の見やすさ、言葉の選び方、自己アピール等のプレゼン力など、多くのスキルをその一つの書類の中で見られるものです。

これといって決まった形式はありませんが、とても重要な書類です。自分なりに吟味して魅力的な資料を作ることで、自分を必要としてくれる企業が増える可能性が大いにあります。

あまり書くことの無い書面であり、ありきたり、わかりにくい、見本の丸写しなどのミスも多く見られます。職務経歴書を作る際には、出来るだけ多くの記載方法の情報を集めること、自分の強みや魅力、スキルを具体的に言葉にしてみること、など、ほんの少し時間をかけて考えることで、大幅に魅力的なイメージを表すことが可能です。

人材派遣会社の場合は、特に「即戦力」を必要とされることが多く、それをアピールするには職務経歴書は最適なツールです。自分の魅力を存分に紹介できる職務経歴書を作成できれば、選考される可能性もアップすることでしょう。あなたの能力を職務経歴書でアピールし、良い派遣先に出会えることを願っています!


運営者情報
さち画像
名前 さち
自己紹介 派遣事務員として3年以上働いた経験から学んだ人材派遣会社にお役立ち情報をいろいろとご紹介しています。